2016/09/09

「この人に話を聞きたい」は第百八十九回は中村誠さん

S

 アニメージュ2016年10月号(VOL.460)の「この人に話を聞きたい」は第百八十九回は『ちえりとチェリー』の 監督の中村誠さんです。実は僕にとって「アニメ界の謎の人」の一人でありました。脚本家やプロデューサーをこなしながら、人形アニメの監督をやっているのも異色だし、フロンティアワークスの社員でありながら、他社の作品で脚本を描いているのも異色。『のらみみ2』でシリーズ構成をやりながら、各話で絵コンテ・演出を担当したのにも驚きました。今回の記事はそんな中村さんのプロフィールがよくわかる記事になっているはずです。
 同号の「設定資料FILE」vol.214は『あまんちゅ!』となります。

『ちえりとチェリー』 については以下のリンクをどうぞ。

『ちえりとチェリー』公式

2016/08/03

「この人に話を聞きたい」第百八十八回は佐藤順一さん

7l5a9632s_2

    「この人に話を聞きたい」第百八十八回は佐藤順一さんです。掲載号はアニメージュ2016年9月号(VOL.459)。このコーナーへの佐藤さんの登場は、2005年4月号(vol.322)掲載の第七十五回以来の二度目となります。
  前回が佐藤恭野さんでしたから、第百八十七回と第百八十八回でご夫婦が並ぶ事となりました。お話は2005年以降の事(『ARIA』『たまゆら』)が中心となります。お楽しみに。


2016/06/15

「押井守映画祭2016 第二夜」の記念写真

Img_3740s

  2016年6月4日に開催した「新文芸坐×アニメスタイルセレクションVol. 83 押井守映画祭2016 第二夜 ディープアニメ編」の記念写真です。
 今回の上映作品は『御先祖様万々歳!』『天使のたまご』『立喰師列伝』でした。『御先祖様万々歳!』全6話をまとめて劇場で上映したのは史上初めてかもしれません。初見のお客さんも多く、しかも、その反応は上々。いや、それ以前に『御先祖様万々歳!』がメインのプログラムでチケットが完売になったのが素晴らしい。

  トーク最後に、今回も押井さんから「オールナイトが続けられるのは、お客さんが来てくれるからだ。ありがとう」といった内容の言葉があり、それも嬉しかった。

  「押井守映画祭2016」第三夜も企画中です。

2016/05/30

「この人に話を聞きたい」 第百八十七回は佐藤恭野さん

Img_6381ss

  アニメージュ2016年7月号(VOL.457)に掲載される「この人に話を聞きたい」は、音楽演出(選曲)の佐藤恭野さんです。佐藤恭野さんは昨年の『たまゆら~卒業写真~』『ARIA The AVVENIRE』『血界戦線』のお仕事も印象的でしたね。
 知人のライターから「『聖闘士星矢』の選曲をやっている女性の仕事が面白いから、取材をしたらどうだ」と言われたのが30年近く前。旦那さまの佐藤順一さんから取材を勧められたのが15年前か20年前。取材の実現まで、随分と時間がかかりました。
 興味深い記事になりました。お楽しみに。


 

2016/05/08

「2時間で語るアニメ様の30年」の記念写真

P1000139

P1000146

  2016年5月1日(日)にトークイベント 「第114回アニメスタイルイベント2時間で語るアニメ様の30年」を開催しました。皆さま、ご来場ありがとうございます。上はイベントの記念写真です。

 イベントについては以下をご覧になってください。

アニメ様の「タイトル未定」[小黒祐一郎] 64 「2時間で語るアニメ様の30年」を開催した

 このところ、アニメスタイルチャンネルのメルマガも週1くらいのペースで発行しています。以下は最新分です。こちらもよろしくお願いします。

アニメ様のメルマガ vol.6 小黒祐一郎のインタビュー作法(1)

2016/04/09

「押井守映画祭2016 第一夜」のトークショーの記念写真

237blog

 上は「押井守映画祭2016 第一夜」のトークショーの記念写真です。

 「押井守映画祭2016」の展示用ポスターのために、西尾鉄也さんに押井さんの肖像画を描いてもらいました。ポスターは展示用と同じものをオールナイトで販売。「第一夜」「第三夜」でも同じポスターを販売する予定です。
 上の写真で、ポスターの押井さんにアイパッチ等が書き込まれていますが、これは押井さん自身によるイタズラ書きです。

152blog

154blog

以下は寄せ書きパネル最新版。

135blog

レポートと他のイベント写真は以下をどうぞ。

アニメ様の「タイトル未定」[小黒祐一郎]56 「押井守映画祭2016 第一夜」のトークショー | WEBアニメスタイル

前回の榊原さんとの記念写真はこちら。

【雑談】次回の「この人に話を聞きたい」は榊原良子さん


2016/04/04

オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol.82 【Blu-ray発売記念】男泣き!ロボットアニメ祭り!!」

「WEBアニメスタイル」より一足先にこちらで告知します。5月28日(土) のオールナイトは「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol.82 【Blu-ray発売記念】男泣き!ロボットアニメ祭り!!」。上映作品とゲストは以下の通り。

上映作品
『戦国魔神ゴーショーグン 時の異邦人』
『戦え!!イクサー1 特別編』
『破邪大星ダンガイオー』
『鉄人28号 白昼の残月』

ゲスト
平野俊貴(平野俊弘)さん
今川泰宏さん
羽原信義さん
大張正己さん
氷川竜介さん

 各作品のBlu-ray発売(キングレコード)を記念してのイベントとなります。詳細は「WEBアニメスタイル」でお伝えします。

 キングレコードからは「超獣機神ダンクーガ Blu-ray BOX」も発売になります。

2016/03/10

「この人」、イベント、「アニメスタイル008」で石浜真史特集

Ishihama_event_moji

 2016年3月13日(日)夜に、かみちゅ!』『Aチャンネル A-CHANNEL THE ANIMATON』『ヤマノススメ Encouragement of Climb. セカンドシーズン』のオープニング、『僕だけがいない街』のエンディング等で知られる石浜真史さんのトークイベント「第111回アニメスタイルイベント 石浜真史公開インタビュー」を開催します。くわしくはこちらをどうぞ。

 石浜さんはオープニングやエンディングを手がけるだけでなく、アニメーターとしても、監督としても活躍。そんな石浜さんの事を、僕たちはあまりにも知らないのではないか。そこで石浜さん関連の記事、イベントを企画しました。

 まず、「アニメージュ」2016年3月号 (2月に発売した号です)で、インタビュー連載「この人に話を聞きたい」で、石浜さんに登場していただきました。その次が3月13日(日)のイベント。続いて3月17日(木)発売の「アニメスタイル008」に特集「石浜真史の仕事」を掲載します。

 「この人に話を聞きたい」では今までの仕事歴についてうかがっています。イベントの前に目を通しておくのもよいと思います。

2016/03/06

「この人に話を聞きたい」第185回は大月俊倫さん

  「アニメージュ」2016年4月号(VOL.454)の「この人に話を聞きたい」第185回は大月俊倫さん。「設定資料FILE」vol.209は『昭和元禄落語心中』です。
 「この人に話を聞きたい」での大月さんの登場は、第10回(アニメージュ1999年8月号・vol.254)以来の17年ぶりとなります。第10回は単行本「この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001 」にも収録されています。

 前回、大月さんが登場してから「アニメージュ」が200冊も出ているんだなあ。

4h9a8800

2016/02/13

「アニメスタイル008」に『GATCHAMAN CROWDS insight』の中村健治監督のインタビュー

  「アニメスタイル008」には中村健治監督の『GATCHAMAN CROWDS insight』についてのロングインタビューを掲載します。あの「社会派ヒーローもの」を、中村監督はどのように作り上げたのか。
   「アニメスタイル005」の『GATCHAMAN CROWDS』についてのインタビューもあわせてどうぞ。下は取材時の記念写真です。

377a8035s

377a8037s

«新文芸坐の寄せ書きパネルが三枚目になりました

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンクとプロフィール