« 【DVD】『鉄人28号 白昼の残月』 | トップページ | アニメージュ2008年03月号 »

2008/02/09

【マンガ】「アオイホノオ」1巻

 またまたマンガの話題。島本和彦が、自分の学生時代を題材にしたフィクション(最初のページに巨大な文字で、フィクションであると断り書きがある)。

 青春漫画としても面白いし、あの時代の気分をしっかりと描いているところもいい。主人公による細野不二彦、高橋留美子、あだち充の作品に対する発言とか、えらくリアル。若き日の庵野秀明、山賀博之、南雅彦、矢野健太郎が実名で登場していて、庵野さんが無闇に格好いい。南さんの外見って、まるで変わっていないんだなあ。

 主人公のパラパラ漫画と、庵野さんのパラパラ漫画が並んでいる見開きのインパクトが抜群。個人的には『新・鉄人』の模写を妙に生真面目にやっているのが受けた。やっぱり模写するなら『新・鉄人』だよなあ。模写がちょっと素人っぽいのも、あの頃っぽくてリアルだ。その後に主人公がやっている金田モドキは完璧(笑)。
 
 巻末には、島本さんと庵野さんの対談を収録。対談最後の「責任感の強い女の子のファン」の話題が、意味はよく分からないんだけど、なんとなく島本さんらしくてよかった。

« 【DVD】『鉄人28号 白昼の残月』 | トップページ | アニメージュ2008年03月号 »

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンクとプロフィール