« TAFの2日目 | トップページ | マッドハウスの期待の新作 »

2008/03/28

『Genius Party Beyond』

 「東京国際アニメフェア2008」のSTUDIO4℃ブースで連日、トークショーの司会をやらせてもらっています。明日と明後日の内容は以下の通り(STUDIO4℃・HPのTOPICSよりのコピペです)。
…………
29日(土)14:00〜15:00
森本晃司監督『Genius Party Beyond(次元爆弾)』
小黒祐一郎(アニメスタイル編集長)
草木孝幸CGI監督

30日(日)14:00〜15:00
森本晃司監督『Genius Party Beyond(次元爆弾)』
小黒祐一郎(アニメスタイル編集長)
田中栄子(STUDIO4℃ CEO)
…………
 話は前後しますが、『Genius Party Beyond』について少し書いておきます。『Genius Party Beyond』は昨年公開されたと『Genius Party』の第2弾。すでに殆ど完成しており、アメリカのとあるイベントで上映されています。国内でも年内に公開される予定。
 『Genius Party Beyond』は5本の短編で構成されており、それぞれ前田真宏、中澤一登、大平晋也、田中達之、森本晃司が監督を務めています。ざっと作品を拝見しましたが、相当な見応え。期待を裏切らない仕上がりで、大袈裟でなく、アニメスタイル読者必見の作品です。以下の公式HPでそれぞれの作品の静止画を見る事ができます。

Genius Party Beyond

 トリを務める森本さんの「次元爆弾」は、空間の作り方が本当に素晴らしい。「アニマトリックス」で森本さんが作った作品の発展形と言えましょう。明日のTAFのトークショーでは、その画面がどのように作られたかを話していただけると思います。明後日のトークショーでは、『Genius Party Beyond』全体の話をうかがえるはずお楽しみに。

« TAFの2日目 | トップページ | マッドハウスの期待の新作 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンクとプロフィール