« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/29

【EVENT】オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」は一週間後に開催

 オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」は一週間後の12月5日(土)に開催。前売り券は、チケットぴあと新文芸坐さんで発売中。
 何度も書いているけれど、今回のプログラムはいずれも見応えがあり、スクリーンで観る機会の少ない作品ばかり(ただし、マニアック過ぎるせいか、今までの「新文芸坐×アニメスタイル セレクション」ほどには、前売り券が売れていないらしい。汗)。皆さま、是非いらしてくださいませ。
 オールナイトの詳細は、以下をどうぞ。
 
「新文芸坐×アニメスタイルセレクション Vol.4」では マッドハウスのレアな傑作を一挙上映![WEBアニメスタイル]

平成21年11月29日(日)の雑談(「ウルトラミラクルラブストーリー」と「鴨川ホルモー」等)

 昨日はお休みモードで、ジムに行って、映画を観てきた。朝型に切り替えるつもりだったけど、夜に仕事をはじめて、結局、2時過ぎまで事務所にいた。いかんなあ。

(1)「ウルトラミラクルラブストーリー」と「鴨川ホルモー」

 昨日は、新芸坐で「ウルトラミラクルラブストーリー」(2009/リトルモア)を観た。「気になる日本映画達2009 上半期ベストセレクション」の1本。ワイフが観たいというので、事前情報ほとんど無しに劇場に行ったのだけど、かなりイカれた映画。ワイフは大喜びで「DVDが欲しい」とまで言っていた。いや、楽しんでくれたならいいけど。とにかくタイトルからは予想できない内容だった。後で公式サイトで予告を観たら、予告は、イカれた映画である事が分からない構成になっていた。
 同じ新文芸坐の「気になる日本映画達2009 上半期ベストセレクション」で、今度の水曜に「鴨川ホルモー」(2009/松竹)の上映がある。これはロードショーで観たけれど、割りとお気に入り。栗山千明が演っている不思議ちゃんな女子がよかった。オタク男性に好かれそうなタイプだと思うのだけど、自分の周りでは観た人が少なくて、まるで盛り上がらなかった(僕は、あるアニメ監督さんが栗山千明を誉めていたので、観に行った)。CGの使い方もよかった。また劇場で観たいのだけど、平日だから無理かなあ。

 ところでミクシィとかだと、奥さんの事を「ワイフ」と書いているのだけど、ここでそう書くと違和感あるなあ。んーむ。
 

(2)UCC COFFEE ミルク&コーヒー ヱヴァンゲリヲン箱根缶 1ケース

 Amazonって、こんなものまで売っているんだ。「ヱヴァンゲリヲン×箱根町観光協会×UCCのオリジナルデザイン缶」で、「非売品ポスター付きで12月下旬から順次発送となります。」だそうだ。

(3)『宇宙戦艦ヤマト 復活編』主題歌CDは3種類

 なんで? と思ったら「タイトル曲とそれぞれに異なるカップリング曲とジャケット違いの3種類をリリース」だそうだ。

 サントラも2バージョンリリースされる。懐かしいノリだなあ。
 

2009/11/28

平成21年11月28日(土)の雑談(「ロボットアニメ大鑑」が届いた・続き)

 「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」は校正紙が出て、最終チェック中。マッドハウスさんからのチェックもいただいた。週明けには作業が終了する予定。
 自分は疲労と運動不足で、体調が変になっているので、この土日はそれを整える方向で。

(1)「ロボットアニメ大鑑」が届いた・続き
 昨日、1日遅れでサンライズ編が届いた。これも充実した内容。『獣神ライガー』のフルコースなんて、今まで聴いた事なかったかも。
 『ザンボット』『ダイターン』と続いたら、やっぱり次は『ガンダム』が欲しいなあ。いや、『ガンダム』シリーズがCDとしてすでにまとまっているのは分かるんだけど。やっぱり、自分でプレイリスト作らないとダメか。
 満足度の高い商品だったのは間違いない。

(2)「アニメ様365日」の『タッチ』の話題
 「アニメ様365日」は『タッチ』の話題が進行中。自分にとって『タッチ』って、好きな作品ではなくて、むしろ感心した作品だった。とにかくフィルムとしてかっこよかった。次回以降に触れるつもりだけど、オープニングも最高によかった。

「アニメ様365日」
第257回 『タッチ』(TV版)
第258回 『タッチ』続き

2009/11/27

平成21年11月27日(金)の雑談(「ロボットアニメ大鑑」が届いた)

 昨日もずっとデスクワーク。まだ校了していない「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」がAmazonで予約が始まっていて、しかも、書影がアップされているのにびっくり。入稿でドタバタしている中で「WEBアニメスタイル」の更新をしたら、更新してからリンクミスが発覚。すいませんでした。
 
(1)「ロボットアニメ大鑑」が届いた

 昨日、CD「ロボットアニメ大鑑」がAmazonから届いた。3枚同時に注文したのに、何故かサンライズ編以外の2枚が先に届いた。早速、昨夜聴いてみた。これはいい。ここのところ、くたびれ気味だったのだけど、聴いていたらなんだか幸せになってきた(それでいいのか45歳!)。
 『バルディオス』や『ゴーバリアン』といったレアものが嬉しいのは勿論、すでにCD化されていた音源の音声が、クリアになっていたのも有り難い。満足度が高かったのは、ずっと眠たい音で聴いていたの「宇宙の王者! ゴッドマーズ」。それから、比較しないで印象で書いてしまうけど、『グロイザー』も前のオムニバス版に入っていたやつと比べて、ずっと音がよくなっているような気がする。

(2)「『ヱヴァ』カラーカレンダー2010」スペシャルムービー

 株式会社カラーのサイトで「カラーカレンダー2010」を紹介するスペシャルムービーを公開中。

「カラーカレンダー2010」、予約受付中です。[株式会社カラー]

2009/11/26

今日の「WEBアニメスタイル」

 すいません。「板垣伸のいきあたりバッタリ!」と「サムシング吉松の死んぢゃえばいいのに!」が、記事一覧に並んでいるのに更新されていません。なるべく早く修正します。

WEBアニメスタイル

 追記。修正しました。

【仕事】「PLUS MADHOUSE 4 りんたろう」予約開始

 スタジオ雄が編集している「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」がAmazonで予約できるようになっていた。しかも、書影までアップされている。 早い! まだ本文を校了してないのに。
 
 以下はAmazonのデータより。
………………
気鋭のアニメスタジオ、マッドハウス全面協力で、
アニメクリエイターの内奥に迫る「プラスマッドハウス」シリーズ。
今 敏、川尻善昭、細田守に続く第4弾は、
『銀河鉄道999』『幻魔大戦』『メトロポリス』といった超大作を数多く手掛け、
アニメに映画的演出や大人のハードボイルドを持ち込んだ、りんたろう!
半世紀以上のキャリアを誇る稀代のカリスマを、
10時間以上にわたる録り下ろし超ロングインタビューで完全解体します。
比類なき詳しさの完全フィルモグラフィーや、
角川春樹、杉井ギザブロー、川尻善昭、細田守、
CLAMP、結城信輝ほかのコメント・イラストも収録!
………………

 ロングインタビューの中身については、以下のリンクをどうぞ。

平成21年11月26日(木)(寺田克也の『よなよなペンギン』絵本)

 まだまだ絶賛デスクワーク中。えらく年末っぽい気分だ。

(1)3Dライブアニメ『TO 楕円軌道』『TO 共生惑星』の地上波放映は今晩から

 メーカーさんから情報をいただいた。曽利文彦監督の)3Dライブアニメ『TO 楕円軌道』『TO 共生惑星』が地上波でも放映される。原作は星野之宣の「2001夜物語」。第1話は今晩。
 以下の情報は、公式サイトから。
…………
■TBS地上波 :4週連続放送
日時:
第1話:11月26日(木) 
第2話:12月3日(木) 
第3話:12月10日(木) 
第4話:12月17日(木)
放送時間:
よる2:59〜よる3:35 
※編成事由により変更する場合がございます。
…………

『TO 楕円軌道』『TO 共生惑星』公式

(2)今晩は『東のエデン』総集編もあり

 『TO 楕円軌道』『TO 共生惑星』の裏だ。『にゃんこい! 』の裏でもあるなあ。

11/27(金) 02:05 〜 04:05 フジテレビ 東のエデン・総集編

 それから「東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise Lost」が公開延期になった。詳しくは以下を。

『東のエデン』公式

(3)寺田克也の『よなよなペンギン』絵本
 『よなよなペンギン』公開に合わせて、寺田克也さんの描き下ろし絵本が発売される。映画『よなよなペンギン』のキャラクターを使ったオリジナルストーリーになっているはず。この本は、僕は直接仕事をしたわけではないのだけれど、企画段階でちょっとお手伝いした。

2009/11/25

平成21年11月25日(水)の雑談(『Satanika』等)

 昨日もずっとデスクワーク。「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」は自分で書かなくてはいけない原稿は終了。だけど、編集作業としては、これからが追い込み。来月の「この人に話を聞きたい」も原稿チェックをいただいた。

(1)『Satanika』
 「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」で参考にするために、『Satanika』のビデオを、末年ぶりに引っ張り出す。これは1990年代にマッドハウスが制作したミュージッククリップ。作品の詳細は「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」に書くけれど、スタッフクレジットをチェックしたら、作画監督が羽山淳一と馬越嘉彦だった。ああ、そりゃあ、男らしい仕上がりになるわけだ。

(2)ロボットアニメ大鑑
 キングの「ロボットアニメ大鑑」はいよいよ明日発売。楽しみだなあ。昨日の「アニメ音楽丸かじり(22)」を読み直していたら、「サンライズ ロボットアニメ大鑑」のAmazonへのリンクが間違っていた。すいません。後で直しておきます。

(3)「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」DVD-BOX
 メーカーさんからデータをいただいた。
 以下の通り。
…………
先日、DVD-BOX発売のお知らせさせていただきました
21世紀の“ファースト”ガンダム「機動戦士ガンダムSEED」に続いて、
その続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(TV放映:2004年10月〜2005年9月)
が、全50話収録・スペシャルプライスで初DVD-BOX化。
2010年3月26日に発売決定致しました。

----------------------------------------------------

品姿:DVD
商品名:機動戦士ガンダムSEED DESTINY DVD−BOX
    ※初回限定生産商品
発売日:2010年3月26日発売
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCBA-3805(販売専用)
POSコード:T-49-34569-63805-2
税込価格:\26,040
スペック:カラー/約1246分/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層×10枚/スタンダード

----------------------------------------------------

(4)「金田伊功を送る会」記録写真100枚
 アニドウさんのホームページに、「金田伊功を送る会」記録写真100枚がアップされた。掲示板の書き込みによれば「しばらくしたら消えるかもしれません。」との事。
 
アニドウ・ホームページ

2009/11/24

平成21年11月24日(火)の雑記(「チッチ愛の絵本 いつかどこかで」など)

 一昨日も昨日も、事務所で原稿を書いていた。今日も夜に、ある映画の試写会があるんだけど、とてもいけそうもない。誘ってくれた某スタジオの方、すいません。

(1)「チッチ愛の絵本 いつかどこかで」
 「チッチ愛の絵本 いつかどこかで」は、1975年に創刊された童話と詩の雑誌の雑誌で、みつはしちかこが編集を務めていた。りんたろう監督関係の古本探索も、これでお終い。さすがにこれはAmazonで取り扱っていない。地方の古本屋に注文して、今日届いた。りん監督がこの本で何をやっているのかは、来月出る「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」で。

(2)生活 特装完全版
 マンガの話題。来年の5月に「僕の小規模な生活」の「特装完全版」が出るらしい。目玉は「妻フィギュア」なんだろうけど、僕はフィギュアは集めない人なので、それはどうでもいい。気になるのは「僕の小規模な生活<描き下ろし外伝>」。Amazonのデータを見ると「ペラッとした感じで制作予定です。」とあるから、ページ数少ないんだろうなあ。

2009/11/22

平成21年11月22日(日)の雑談(「アニメ様365日」の『マジカルエミ』)

 昨日は半ばお休みモードで、ジムに行って運動して体調整えた。事務所には入ったけれど、あまり作業は進まず。「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」はジワジワと進行中。
 ところで『こばと。』で、花戸小鳩(はなと こばと)の名前を、花登筺(はなと こばこ)からとっているのは、主人公が苦労して成長する話だから? ロボコンとかコメットさんもまじっている?

(1)「アニメ様365日」の『マジカルエミ』
 「アニメ様365日」の『マジカルエミ』の話題は、一昨日の更新で一段落。文章的には甘いところがあったかもしけないけれど、書きたい事は全部書いた。前に『マジカルエミ』について書いたのが20年くらい前で、前に書いた原稿は読み直してないけど、多分、その時よりは上手に書けたはず。久しぶりに『マジカルエミ』をじっくり観たのも楽しかった。
 次に『マジカルエミ』について書くのは10年後くらい? その前に『蝉時雨』があるのだけど、それはまた別の話。

アニメ様365日
第246回 『魔法のスター マジカルエミ』
第247回 『魔法のスター マジカルエミ』15話
第248回 『魔法のスター マジカルエミ』26話
第249回 『魔法のスター マジカルエミ』22話
第250回 『魔法のスター マジカルエミ』27話
第251回 『魔法のスター マジカルエミ』34話
第252回 『魔法のスター マジカルエミ』最終回3部作
第253回 『マジカルエミ』最終回3部作・続き
第254回 『マジカルエミ』と『クリィミーマミ』

(2)『マジカルエミ』のサントラ
 『マジカルエミ』について書いているうちに、サントラを聴きたくなって今さらCDを買ってしまった。なかなかよかった。あのドヨーンとした重たい曲をiPodで聴きながら、冬の街を歩くと、結構しみる。


(3)Cut (カット) 2009年 12月号
 「Cut」2009年 12月号を買った。ジブリ特集で「宮崎駿、宮崎駿の10本を語る」は英国の映画雑誌に掲載された記事、「鈴木敏夫、ジブリとは何かを語る」は新作記事、「宮崎駿4000文字インタビュー再録」は2002年の記事の再録。

2009/11/21

平成21年11月21日(土)の雑談(『マイマイ新子』と『マクロスF』は本日公開等)

 昨日もずっとデスクワーク。「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」は表紙デザインの修正も完了。ロングインタビューの注も、事務所スタッフに頼んでいた主要作品解説も、出来上がった。読み物ページのデザインもあがって、ざっと流し込んでみたら、台割り的な辻褄は合いそうな感じ。これからは主に流し込み、画像の張り込み、そのチェックの作業。
 今日も進めたい原稿はあるのだけど、体調を整える事を最優先。


(1)『マイマイ新子と千年の魔法』と『劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜』は本日公開
 『マイマイ新子と千年の魔法』は試写で観せてもらったけれど、『劇場版 マクロスF』は未見。今の進行が一段落したら行こう。


(2)「マッドハウス公式チャンネル」
 編集長のヒトコトでも触れたけれど、ニコニコ動画で「マッドハウス公式チャンネル」がスタートした。『マイマイ新子と千年の魔法』『よなよなペンギン』『TRIGUN Badlands Rumble』の動画が公開中。『マイマイ新子と千年の魔法』の原撮・動撮は、WEBアニメスタイルと同じ素材がアップされている。

【artwork】『マイマイ新子と千年の魔法』
特別編 原撮・動撮(1) 
特別編 原撮・動撮(2)
特別編 原撮・動撮(3)
特別編 原撮・動撮(4)

 「WEBアニメスタイル」の『マイマイ新子と千年の魔法』の【artwork】は来週も続く予定。さらにレアな資料が!


(3)CD「GUNDAM SONGS 145(仮)」予約開始
 Amazonで、CD「GUNDAM SONGS 145(仮)」の予約がスタートしていた。

今晩から三夜連続で「集中アンコール新三銃士」放映

 今晩から……と言ってもあと1時間後くらいだけど、午前1時20分から、NHK教育で人形劇「新三銃士」を再放映。この番組はとにかくよくできているし、面白い。お勧めだ。

11/21(土) 01:20 〜 03:03 NHK教育 集中アンコール新三銃士

 今晩やるのは1話から5話。明日は6話から10話、明後日は11話から14話を放送。

2009/11/20

平成21年11月20日(金)の雑談(今 敏監督の最新作『夢みる機械』等)

 昨日はずっとデスクワーク。今日もずっとデスクワークの予定。今日だと思っていた試写会は来週だった。よかった。「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」のりん監督ロングインタビューは、ご本人のチェックも終わり、チェック後の微調整も終了。総文字数は8万8千文字となった。

(1)今 敏監督の最新作『夢みる機械』
 公式サイトがスタートした。随分前に、今さんの個展で、先行してビジュアルが発表されていたけれど、それを見た時もちょっと驚いた。公開が楽しみだ。

『夢みる機械』公式

(2)「機動戦艦ナデシコ Blu-ray BOX」予約開始
 Amazonで予約開始。いきなり19位。
 

2009/11/19

平成21年11月19日(木)の雑談(『マイマイ新子と千年の魔法』特別番組等)

 昨日もデスクワークで今日もデスクワーク。どう考えても運動不足だ。今晩はある映画試写会に行きたかったのだけど、この調子ではとても無理。明日の試写会も無理かな。すいません。関係者の方。
 「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」は依頼原稿が、昨日で全部揃った。「りんたろう フィルモグラフィー」も9割以上完成した。

(1)資生堂のCM vol.1 1961-1979 [DVD] 今気になっているDVDはこれ。こういうDVDって面白いんだけど、何度も観たりはしないんだよなあ。と思いつつも、買ってしまいそう。

(2)「チャチャ・ダンシングキャット[はるかなる山の呼び声]」
 またまた古本の話題。「チャチャ・ダンシングキャット[はるかなる山の呼び声]」は、りん監督がイラストを描いて、奥さまが文章を書いた絵本。りん監督のイラストが山盛りだ。
 1991年に出た本で、すでに絶版。「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」の作業に入った時にAmazonで古本を購入したのだけれど、人に貸してしまった。その後、戻ってきたはずなんだけど、他の資料に埋もれて見つからないのでまた買ってしまった。なにやっているんだ、俺。
 

(3)『マイマイ新子と千年の魔法』特別番組
 今、YouTube で観られます。WEBアニメスタイル【artwork】もよろしくお願いします。

2009/11/18

【雑談】いろいろ(『機動戦艦ナデシコ』『宇宙のステルヴィア』Blu-ray DVD&DVD BOX化等)

 昨日はずっとデスクワーク。今日もずっとデスクワーク。今週は試写もあるんだけど、行けるのか。

(1)機動戦士ガンダムSEED DVD BOXがAmazonで予約開始
 確かに安い。

(2)サトウタツオ通信
 サトウタツオ通信でも、昨日話題にした『ミニスカ宇宙海賊』に触れられていた。

サトウタツオ通信・diary

(3)『機動戦艦ナデシコ』『宇宙のステルヴィア』Blu-ray DVD&DVD BOX化
 佐藤竜雄さん関係の話題をもうひとつ。『機動戦艦ナデシコ』『宇宙のステルヴィア』Blu-ray DVD&DVD BOX化される。

『機動戦艦ナデシコ』Blu-ray DVD&DVD BOX化[スターチャイルド]
『宇宙のステルヴィア』[スターチャイルド]

(4)『DRAGON BALL KAI』続き
 これも昨日の話題の続き。昨日の朝、Amazonに『DRAGON BALL KAI』Blu-ray1巻(単品)を注文したら、昨日の夜届いた。ちょっと観たら、確かにBlu-rayは4:3収録だった。映像はシャープだけど、普通にTVシリーズを観ている気分になる。今だと16:9の方が有り難みがあるなあ。
 一応、まとめておくと『DRAGON BALL KAI』は、放映が16:9、DVDも16:9、Blu-rayのみ4:3。放映が16:9で、ソフト化した時に4:3になるのは初のケースだろうなあ(追記。BSでの放映が16:9で、レンタルDVDが4:3というのはあったか)。どうしてこんなかたちになったんだろう。数年後とかにCS等で再放映する時にどっちのバージョンになるのかも気になる。

(5)『東のエデン』Blu-ray第1巻 (初回限定生産版)【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】が大幅値下げ。
 Amazonで65%OFFです。

2009/11/17

【雑談】いろいろ(「佐藤竜雄監督の新作は『ミニスカ宇宙海賊』」等)

(1)『DRAGON BALL KAI』
 昨夜レンタル店で『DRAGON BALL KAI』のDVDをレンタルしてみた。4:3の画面を確認したかったのだけど、違った! 後で調べたら『DRAGON BALL KAI』のソフトはDVDが16:9収録で、Blu-rayが4:3収録であるらしい。んーむ、ややこしい。悔しいからBlu-rayを買って中身を確認しよう。

(2)同人誌即売会「資料性博覧会01」
 珍しく同人誌即売会の話題。11月22日(日) に、まんだらけ中野店で、漫画・アニメ・特撮・TOYに関する研究を目的とした同人誌即売会が開催されるそうだ。詳しくは以下を。

「資料性博覧会01」

(3)佐藤竜雄監督の新作は『ミニスカ宇宙海賊』
 アニメーション制作はサテライトだそうだ。詳しくは以下を。

『ミニスカ宇宙海賊』アニメ化決定![朝日新聞出版]


2009/11/16

 【雑談】いろいろ(実写版『サザエさん』等)

 昨日はずっとやっていたロングインタビューの本文作業が一段落。まだまだやる事はあるけど、ちょっと安心した。

(1)『機動戦士ガンダムSEED』DVD BOX化
 メーカーさんから『機動戦士ガンダムSEED』DVD BOXの情報をいただいた。以下の通り。
………………
数々の伝説を残し、社会現象となった21世紀の“ファースト”ガンダム
「機動戦士ガンダムSEED」(TV放映:2002年10月〜2003年9月)
が、全50話収録・スペシャルプライスで初DVD-BOX化。
2010年2月23日に発売決定致しました。
----------------------------------------------------
品姿:DVD
商品名:機動戦士ガンダムSEED DVD−BOX
    ※初回限定生産商品
発売日:2010年2月23日発売
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCBA-3804(販売専用)
POSコード:T-49-34569-63804-5
税込価格:\26,040
スペック:カラー/約1200分/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層×10枚/スタンダード
----------------------------------------------------

(2)CD BOX「GUNDAM SONGS 145」
 ガンダムシリーズの全主題歌と挿入歌をメーカーの垣根を越えて収録した「GUNDAM SONGS 145」がリリースされるそうだ。

・全主題歌&挿入歌145曲収録! CD-BOX「GUNDAM SONGS 145(予定)」2月24日発売[サンライズ公式]

 僕としては、『ガンダム』主題歌はほとんどCDで持っているので、これはちょっと微妙。

(3)実写版『サザエさん』
 昨日放映された実写版『サザエさん』。驚いたのは、アニメ版のBGMと効果音を流用していた事。同じ曲を使っていたけど、ちょっと聴こえ方が違ったような。気のせいかな。

(4)昨日の『ちびまる子』
 Bパート「「まる子、一年生の心配をする」の巻」は、まる子とお姉ちゃんが、隣の席の男子にいじめられている女の子の味方になるという話。笑いの要素はほとんどなく、演出的にパキッとした感じで、やたらと出来がよかった。クレジットの順番を信じるなら、河内日出夫の絵コンテ。それから、ゲストの下級生の女の子の声もよかった。

2009/11/15

【WEBアニメスタイル】「アニメ様365日」2年目突入

 この前、編集長のヒトコトにも書いたけれど、気がついたら「アニメ様365日」が連載2年目に突入した。年内に1990年代の話題にたどりつくかと思っていたけれど、この調子でいくと、1986年までいくかどうかも怪しい。とりあえず今の調子で頑張ろう。

【雑談】いろいろ(アニメージュ文庫「そんなことないよ」)

 金曜は東映アニメーションに行って「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」で使うスチルを選んできた。旧作は今でも、セル撮した大判のポジが管理されているようで、ファイルから使いたいスチルを選ぶ。20年前に通っていた頃と同じファイルで、それが懐かしかった。20年前と違うのは、前は選んだポジをデュープしてもらっていたけど、今はスキャンしてもらってデータでもらう事。ちょっと外出して、自分の体調が悪い事に気がついた。風邪とかじゃなくて、疲労と運動不足のダブルパンチだ。
 昨日の土曜はたっぷり休んで、夕方にジム。夜は原稿やったけどあまり進まず。今日は朝8時に事務所に入った。とりあえず原稿。

(1)アニメージュ文庫「そんなことないよ」
 「アニメ様365日」の参考になるかと思って、アニメージュ文庫「そんなことないよ 魔法のスターマジカルエミ「蝉時雨」より」の古本をAmazonで買った。これも当時買ったはずなんだけど、どこにいったのか手元になかった。
 これはOVA『蝉時雨』をメインに「風が残したかざぐるま」「枯葉のシャワー」等のTV各話エピソードを、春夏秋冬の順に並べたフィルムストーリーブック。きくちみちたか、毛利和昭、高木弘樹、柳沢まさひで、高岡希一の描き下ろしイラストもあり。タイトルの「そんなことないよ」というタイトルからして思い入れたっぷりだなあ。
 今見るとTVシリーズのカットと、『蝉時雨』のカットの画質の差が凄い。多分、TVシリーズは16ミリからの接写で、『蝉時雨』は35ミリの切り出しなんだろうなあ。


2009/11/14

【EVENT】オールナイトチケット発売開始

 編集長のヒトコトでも触れたが、12月5日(土)のオールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」の前売り券が、チケットぴあで今日から発売開始。新文芸坐さんではすでに発売中。よろしくお願いします。

 今回の上映作品は『ボビーに首ったけ』『グリム童話 金の鳥』『X(劇場版)』『カムイの剣』の4本。前にも書いたけど、タイムテーブルは以下の通り。

トークショー 22:30〜
「ボビーに首ったけ」 23:10〜
「グリム童話 金の鳥」 0:05〜
「X<エックス>」 1:10〜
「カムイの剣」 3:05〜終映5:15

 過去の「WEBアニメスタイル」記事のリンクは以下を。
 
【EVENT】「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」

2009/11/13

【雑談】いろいろ(小説「迷宮物語」等)

 昨日は「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」で池田昌子さんの取材をしてきた。僕は池田さんの取材は初めてで、ちょっと緊張した。

(1)『超人戦隊バラタック』DVD化
 越智さんのブログで、『超人戦隊バラタック』がDVDになるのを知った。僕はU局の再放映で観たのだけれど、その放映は、エピソードが歯抜けなうえに順番がバラバラ。1話は観てないんじゃないかな。友永さんが参加しているという話は聞いていたが、越智さんによれば、友永さんの本編参加は1話だけの模様。
 
・超人戦隊バラタック DVDリリース![漫画映画家@越智一裕のblog]

(2)小説「迷宮物語」
 引き続き、りんたろう関係の古本をネットで集めている。劇場作品『Manie-Manie 迷宮物語』は眉村卓の小説を元にしたオムニバス作品だが、その小説版がある。どうやら映画の内容に合わせて、眉村卓が構成し直したものであるようだ。りん監督のオリジナルである「ラビリンス*ラビリントス」に相当する部分まである。映画と全く同じ内容ではなく、似たイメージを使っている程度のようだが、少女やピエロや猫も登場する。
 この本はポイントは、カバーイラスト、口絵、本文イラストの描き手だ。カバーイラストが森本晃司、口絵、本文イラストが福島敦子、森本晃司、なかむらたかし、川尻善昭と、やたらと豪華なメンバーなのだ。
 『カムイの剣』や『ボビーに首ったけ』は何冊も関連書籍が出ているが、『Manie-Manie 迷宮物語』の関連書籍はこれしか出ていないと思われる。前にも一度購入したのだけれど、どこかにいってしまったので再度購入した。こういう時、Amazonは便利だ。


2009/11/12

【雑談】いろいろ(バラエティ番組の『サザエさん』特集)

 今日は朝から事務所で原稿。夕方から「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」でベテラン声優に取材の予定。
 5時25分からやっていた「めざましテレビ」で『サザエさん』のメイキングをやっていた。時間は短かったけど、ちゃんとエイケンに取材していた。9時55分からの「スパイスTVどーも・キニナル!」でも「日本で一番有名な主婦サザエさんを徹底解剖磯野家40年の秘蔵映像&一家の秘密クイズ」をやる模様(午前8時20分)。
 
(1)「アニメ様365日」の『マジカルエミ』
 「アニメ様365日」は『魔法のスター マジカルエミ』の話題が進行中。昨日の分は、15話「風が残したかざぐるま」、26話「枯葉のシャワー」を枕にして、22話「からっと秋風 心もよう」について書くつもりだったのだけど、「風が残したかざぐるま」だけで終わってしまった。
 珍しく昨日のうちに、今日の分も書いたのだけれど、やっぱり「枯葉のシャワー」だけで終わってしまった。いつになったら27話「国分寺さん 殺人事件」にたどりつくのだ。

アニメ様365日 小黒祐一郎
第246回 『魔法のスター マジカルエミ』
第247回 『魔法のスター マジカルエミ』15話

(2)あなたの力でBD化プロジェクト
 ちょっと古い話題だけど、一昨日メーカーさんから「true tears」Blu-ray BOXの情報をメーカーさんからいただいた。以下しその抜粋。

…………
このたび、
ブルーレイディスクマイスターサイト(※)主催のユーザー投票
「あなたの力でBD化プロジェクト ランキング第一弾<アニメ編>」
で第1位を獲得したTVアニメーション作品「true tears」の
Blu-ray BOXを、完全予約受注限定生産で発売することとなりましました。

11月10日から12月16日までの間に
バンダイビジュアル・デジタルビート内特設サイト
http://dbeat.bandaivisual.co.jp/truetears_bd
にて予約を受け付け、12月21日から2010年1月8日の
予約金受付期間内の入金数が2,000個以上に達した場合に生産が確定し、
2010年3月26日にお客様に商品を発送いたします。
…………

(3)「スパイスTVどーも・キニナル!」の『サザエさん』
 上に書いた「スパイスTVどーも・キニナル!」の『サザエさん』特集は、時間は短いけれど、かなり充実した内容だった。アフレコ現場の映像もかなりレア。原作4コマの管理の仕方とか、同じ4コマを使っても、見せ方のバリエーションを変えているのを例を見せて説明したり。
 一番驚いたのは、シーン切り替わりの「どんでん」のメイキングだった。画が水平に回転して次の場面に変わる処理の事なんだけれど、実は、合成ではなかった。専用の機材の裏表に、それぞれセル&背景をセットして、それをカメラの下で回転させて撮影していた。あんな風にやっていたんだ。という事は、どんでんは、止め絵同士の切り替えでないと使えないはず。勉強になった。

2009/11/11

【雑談】いろいろ(りん監督の追加取材等)

 昨日は「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」の追加取材で、マッドハウスに行ってきた。データ原口さんが作った詳細リストを元に、不明点についてうかがう感じ。曖昧な点を、社内にいらした兼森さんに確認していただいて、『YAWARA! a fashionable judo girl!』で、りん監督がどのOPの演出をしたかが判明。他にも色々と判明。しかし、まだ分からない事も幾つかある。多分、最後まで不明な点が残るのだろうけど、何が分かっていて、何が分からないのかははっきりさせたい。同じ日に「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」で別の若い監督さんに取材。本当は大詰めになっていないといけないんだけど、なかなか大詰めにならない。

(1)「アニメ様365日」の『機動戦士Zガンダム』
 一昨日の更新で、「アニメ様365日」の『Zガンダム』は一段落。あるアニメーターさんに「『Zガンダム』の記事は、毒を隠そうとして毒が出ている」と指摘された。いや、毒を隠そうとしているわけではなくて、自分の気持ちに忠実に書こうとしているんだ。
 たとえば、第244回「『機動戦士Zガンダム』続きの続きの続き」で『Zガンダム』の作画について触れたが、あれも「『Zガンダム』の作画はダサい」と言い切ってしまった方が原稿としてはスカっとする。でも「いや、まてよ、あの二段影を当時は格好いいと感じていたよな」と思うと、簡単に「ダサい」と切って捨てるわけにはいかない。自分の気持ちに嘘をつかないように書くとあんな感じになる。
 『Zガンダム』に限らず、「アニメ様365日」は当時の自分の気持ちに嘘をつかない事を大切にして、書いている。これは他の人に指摘されたのだけど、『Zガンダム』の記事は、僕のこの作品に対するスカっとしない感じが出ていると思う。
 
アニメ様365日 小黒祐一郎
第241回 『機動戦士Zガンダム』
第242回 『機動戦士Zガンダム』続き
第243回 『機動戦士Zガンダム』続きの続き
第244回 『機動戦士Zガンダム』続きの続きの続き
第245回 『機動戦士Zガンダム』とそれ以降

(2)『怪盗レーニャ』がついにアニメ化
 吉松君の『怪盗レーニャ』が発表。役職は総監督らしい。詳しくは以下を。

「サムシング吉松の死んぢゃえばいいのに!」 第1057回 「怪盗レーニャ」がついにアニメ化
『怪盗レーニャ』公式 

ひたすら原稿書いた日

 平成21年11月11日(水)もひたすら原稿書いた日。マンションで少しダラダラしてから、ワイフとなか卯で朝飯。事務所に入って「アニメ様365日」原稿を2本書く。「アニメ様365日」は、15話「風が残したかざぐるま」、26話「枯葉のシャワー」を枕にして、22話「からっと秋風 心もよう」について書くつもりだったのだけど、今日の分は「風が残したかざぐるま」だけで終わってしまった。明日の分も「枯葉のシャワー」だけで終わった。いつになったら「国分寺さん 殺人事件」にたどりつくのだ。原稿を書いていて、昼飯を食べ損なう。晩飯はすき焼きで肉以外の支度はワイフに頼んで、自分は夕方に、ISPに肉だけ買いに行く。贅沢するつもりだったのだけど、一番高い肉を買う勇気がなくて、二番目に高い肉を買った。旨かった。食事しながら、今朝の「ウェルかめ」、「新・三銃士」8話観た。夜は事務所で他の用事を進めるけど、あまり進まず。0時半に事務所を出る。寝たのは2時くらい。

…………
■ネット関係
WEBアニメスタイル アニメ様365日
第247回 『魔法のスター マジカルエミ』15話

編集長メモ
【仕事】アニメージュ2009年12月号(vol.378)

【雑談】いろいろ(りん監督の追加取材等)

【仕事】アニメージュ2009年12月号(vol.378)

 昨日、新しいアニメージュ(2009年12月号 VOL.378)が手元に届いた。今月も、スタジオ雄がやったのは「この人に話を聞きたい」と「設定資料FILE」。「この人に話を聞きたい」第百二十六回は、前にも書いたように池端隆史さん。記事中にも書いたように、僕は『ぽてまよ』が大好きだったので特に念入りに聞いた。いい記事になったと思う。
 「設定資料FILE」vol.144は『東のエデン』。今回はとにかくギッシリと詰め込んだ。切り抜きの数も多い。実際の設定には、細かく文字で注意書きが入れられているのだが、今回はキャプションでも説明したように、掲載しても文字が小さくなってとても読めそうもないので、滝沢の私服姿の設定以外は全て削除した。他の設定も、本当は滝沢の私服姿の設定と同じように注意書きが入っている。
 白鳥・ダイアナ・黒羽は設定のバリエーションが多かったのだけれど、全体のバランスを考えて、一部だけ掲載した。

2009/11/10

自主制作アニメ『フミコの告白』をみんなで応援しよう

 ネットで話題になっている自主制作アニメ。よくできているし、やたらと動いている。イマドキのアニメになっているし、既成作品からの借り物になっていないのもいい。DVDも作るみたいだけれど、これなら買ってもいいなあ。
 みんなで応援しよう。以下がスタッフのブログのようだ。画像も沢山掲載されている。

Tete

【雑談】いろいろ(「マッドハウス・マニアックス」タイムテーブル)

 今日は午後から取材二本立て。だから、午前中に原稿。

(1)「マッドハウス・マニアックス」タイムテーブル
 オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」のタイムテーブルが出た。以下の通り。

トークショー 22:30〜
「ボビーに首ったけ」 23:10〜
「グリム童話 金の鳥」 0:05〜
「X<エックス>」 1:10〜
「カムイの剣」 3:05〜終映5:15

 ようやく新しい「アニメージュ」が届いたのだけれど、今日はこれから出かけなくてはいけない。その話題は明日にでも。

2009/11/09

【雑談】いろいろ(TheボビーBook―君の心のボビー)

 今日も1日原稿の予定。いや、原稿以外の作業も進めなくては(汗)。昨日は仕事しながらずっと『マジカルエミ』を観ていた。傑作と呼ばれる回をいきなり観るより、1話から順番に観ていく方がずっといいなあ。

(1)森田宏幸さんのブログ再開
 ずっと更新が止まっていた森田宏幸さんのブログが再開していた。

森田宏幸のブログ

(2)TheボビーBook―君の心のボビー
 引き続き、りんたろう関係の古本をネットで集めている。「TheボビーBook 君の心のボビー」は公開当時に発売された『ボビーに首ったけ』のミニムック。読み物中心で資料性はいまひとつ。美術ボードやキャラクター設定も載っているけど、サイズが小さいのが残念。現代高校生座談会とか、映画とあまり関係ない記事があるわりには、平田監督のインタビューが短い。全体にアニメ現場よりの作りではない。
 吉田秋生のイラストエッセイ風の企画で、『ボビーに首ったけ』に出てくるマスターが嫌いだと書いているのに笑った。

(3)「マッドハウス・マニアックス」チケット
 「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」は近々にタイムスケジュールを発表できそう。新文芸坐では、すでに前売り券を発売中だそうだ(チケットぴあは、まだ)。


2009/11/08

【雑談】いろいろ(「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」等)

 今日は日曜だけど、やっぱり午前中から事務所に。だいたい一日中、原稿の予定。昨夜、閉店間際に、池袋にできたヤマダ電機のモバイルドリーム館をのぞいてきた。7階の「ガンダムフロア」が、本当に『ガンダム』商品を扱うフロアで、ちょっと驚いた。1フロア全部『ガンダム』だよ。ゲームソフトフロアを含めて、広々としていて買い物するにはよさげ。

(1)「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」
 先日、ちょっと書いたように「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」を聴きたくなって、Amazonで購入。聴いたのは30年ぶりで、やたらと懐かしかった。ロマンのかたまりみたいなサントラだ。オカリナの曲が入ってないのが残念だけど、あれはBGM集の方に入っているんだろうなあ。
 個々の曲についての記憶は鮮明なのに、曲の構成をあまり覚えていないのは、本編で聴いた印象の方が強いためだろう(ビデオデッキがなかったので、TV放映を録音して、後で音だけ何度も聴いていた)。よく考えたら、当時、一連の『宇宙戦艦ヤマト』やTV&劇場版の『銀河鉄道999』は自分で買っだけど、『ハーロック』は買った覚えがない。友達の家に行って聴かせてもらっただけなのかもしれない。ちなみに自分が買ったのはレコードではなくて、カセットテープだった。家にレコードプレイヤーもあったのだけど、カセットの方が手軽だったのでカセットを買った。「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」は、確か、ささきいさおがやっていたラジオ「ささきいさおのアニメハウス」でも頻繁に使われていたような気がするなあ。
 『宇宙海賊キャプテンハーロック』は挿入歌も印象的で、特に記憶に残っているのが「むかしむかしむだ。当時はソング集を聴く機会がなくて、フルバージョンを聴いたのは随分後だった。「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」を聴いたら、今度はソング集を聴きたくなった。

(2)『まほろまてぃっく』Blu-ray
 この前の新作だけでなく、『まほろまてぃっく』のTVシリーズもBlu-rayになる模様。価格はお手頃かな。

(3)りんたろう監督の幻のOVA
 今日は確認したい事があって、ちょっとだけ『X電車で行こう』をチェック。あの頃のりんたろう監督のOVAはDVD化されていないものが多い。どちらかと言えばメーカーの問題であるようだ。マニアックな作り作品が多いんだけどなあ。

2009/11/07

【雑談】いろいろ(BRUTUSの「真似ができない仕事術」等)

 今日は土曜だけど、午前中から事務所に。だいたい一日中、原稿の予定。

(1)BRUTUSの「真似ができない仕事術」
 BRUTUSの最新号「真似ができない仕事術」にざっと目を通した。色んな人の仕事のしかたについて取材した特集。面白い特集だった。その1人として、ジブリの鈴木敏夫も登場。敏夫さんの記事自体は情報量が少なかったけど、本人がイラストを描いている。イラストと書き文字の手慣れた感じに感心。元から巧いんだけど、もうプロっぽい感じになっている。

(2)『メダロット』DVD BOX
 『メダロット』のDVD BOXがリリースされる模様。これでビデオテープを処分できる。

(3)マンガのゲンバ
 録画で観た。「島本和彦スペシャル」は充実した出来。というか島本さん自身が面白すぎ。「吼えろペン」はセリフを熱を込めて読み上げるだけで面白い。話が飛躍してしまうけど、もしも、アニメにするなら1話8分くらいにしてほしいと思った。

(4)「アニメ様365日」
 昨日書いたように、この前の「アニメ様365日」本文をほんの少しだけ手を入れた。ドタバタしてすいません。ちょっと読みやすくなったと思う。

「アニメ様365日」
第244回 『機動戦士Zガンダム』続きの続きの続き


2009/11/06

【雑談】いろいろ(「ザ・テレビ欄」シリーズの新刊等)

 今日も1日、事務所でヒーヒー言いながら原稿。それから電話連絡がやたらと多い。かける電話も受ける電話も多かった。慌ただしくて、なんだか年末気分だ。

(1)「ザ・テレビ欄」シリーズの新刊
 株式会社ティー・オーエンタテインメント(T.O ブックス)さんからメールで情報をいただいた。「ザ・テレビ欄」「ザ・テレビ欄2」「ザ・テレビ欄0」に続いて、「ザ・テレビ欄大阪版」が発売になるそうだ。
 前にも紹介したと思うけれど「ザ・テレビ欄」は、過去の新聞のテレビ欄を掲載しただけの本。シンプルな内容だけど、過去の放映状況を確認するのに便利だし、眺めていても楽しい。「アニメ様365日」を書くうえでも重宝している。
 さすがに「大阪版」を買う予定はないけれど、一応ご紹介。

(2)『吾輩は猫である』
 今日は、りん監督の『吾輩は猫である』をチェック。音楽も、美術も、キャラデザインもよい。りん監督のセンスのよさが発揮された1本。だけど、LDにもDVDにもなっていない。DVDにならないかなあ。僕はこの仕事のために、ヤフオクで中古のVHSを購入した。

(3)今日の「アニメ様365日」
 すいません。後で、文章をちょっと直すかもしれません(くどい部分を整理する感じ)。うーん、我ながら男らしくない。

2009/11/05

【仕事】次回の「この人に話を聞きたい」は片渕須直監督

40238537_2973265836

 昨日、「この人に話を聞きたい」の取材をしてきた。第百二十七回で登場していただくのは、片渕須直監督。34回目(2001年8月号 VOL.278)以来、二度目の登場になる。
 最新作『マイマイ新子と千年の魔法』の話をメインに聞いて、監督の作家性の部分にせまるという構成で、「この人に話を聞きたい」のインタビューとしては、ちょっと異色かも。面白い記事になると思います。お楽しみに。

 片渕監督と言えば「WEBアニメスタイル」の「β運動の岸辺で」【artwork】『マイマイ新子と千年の魔法』もよろしくお願いします。

【雑談】いろいろ(「螢・わかれうた」等)

 今日は夜に打ち合わせがある以外は、1日原稿を書いている予定。昨日は「この人に話を聞きたい」の取材だった。それについては後ほど別記事にて。

(1)「アニメ様365日」の『機動戦士Zガンダム』
 月曜から「アニメ様365日」で『機動戦士Zガンダム』について書いている。自分はどちらかと言えば苦手な作品で、「書く事あるのかな?」と思っていたけれど、いざ書き始めたら長くなった。それと、当時から自分の印象にブレがないなあ。『機動戦士Zガンダム』の話題は、多分、明日まで続くはず。

(2)りんたろうロングインタビュー
 昨日も触れたように、スタジオ雄は「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」の編集中。ロングインタビューがとにかく長い。いや、長いのは自分のせいなんだけど。まだ半分くらいしかまとまっていないのに、すでに4万文字突破。僕の今までの人生で一番長い記事になるのは間違いない。それから、まとめをやっていたら、「交響組曲 宇宙海賊キャプテンハーロック」を聴きたくなった。

(3)「螢・わかれうた」
 「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」で、一昨日に『宇宙海賊キャプテンハーロック』の16話「螢・わかれうた」を30年ぶりに観た。今観ても、ぶっちぎりの異色作。有紀蛍がメインの話で、何故か彼女が着物を着て、津軽三味線を演奏する。りん監督が演出した話ではないけれど、どう観てもあの色遣いはりんたろう演出。エキセントリックな邦画って感じ。

(4)西田亜沙子さんのブログ
 西田亜沙子さんのブログの『あしたのジョー2』の話題が熱い! 今後の更新にも期待。

AS Days(アズ・デイズ)
『あしたのジョー2』の話題はこのあたりから

 それから、村濱章司さんブログで、村濱さんの会社の新作の話題があったのだけど、意外すぎて笑ってしまった。

2009/11/04

【仕事】「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」編集中

 今日は最近の仕事について。12月発売予定の「PLUS MADHOUSE 04 りんたろう」の編集をスタジオ雄でやっている。「PLUS MADHOUSE」はマッドハウスの監督について1冊ずつ書籍にしていくシリーズで、今のところ「01 今 敏」「02 川尻善昭」「03 細田守」と続いていてる。スタジオ雄が編集する本としては「02 川尻善昭」に続いて2冊目だ。発売は勿論、キネマ旬報社。
 「PLUS MADHOUSE」はシリーズと言いつつ、毎巻フォーマットが違っているのだが、今回の「04 りんたろう」は「02 川尻善昭」に近い作りになる予定。りん監督が大ベテランなので、扱う作品の数が多く、作業量が膨大だ。りん監督へのロングインタビューは10時間を越えていて、おこしも、まとめもやたらと時間がかかっている。
 
 オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクション Vol.4 マッドハウス・マニアックス」は、この本の発売合わせで開催するつもりだったのだけれど、開催日が予定よりも早まったので、当日に本は間に合わないはずだ。『よなよなペンギン』公開の前に店頭に並ぶのを目標に作業中。

2009/11/03

【雑談】いろいろ(小山力也の小五郎役等)

 今日は祭日。ジムも定休日なので、午前中はマンションでゴロゴロしていた。午後からはずっと原稿を書いている予定。どうでもいい話だけど、昨日、携帯メールで「ぜー」を打ったら「Zガンダム」と変換されて驚いた。

(1)『おじゃる丸』は今日から新作放映
 第12シリーズ後半の放映がスタート。ただし、金曜は「新・三銃士」があるので休止。

(2)小山力也の小五郎役
 先日放映された『名探偵コナン』553話「ザ・取調室」を観た。小五郎役が小山力也に代わった最初のエピソードで、初っ端から最後まで小五郎が喋りまくっていた。プロローグ部分では、新しい小五郎の声に猛烈に違和感を感じた。10年以上、神谷明の小五郎を聞いてきたのだから、それは仕方ないだろう。
 小山力也が、神谷明の小五郎の芝居に寄せないで、自分の小五郎をやっているのはよいと思う。聞き慣れるのにどのくらいかかるのか分からないけど。それから、今までの小五郎よりも、二枚目よりだな。

『名探偵コナン』お世話になりますっ!![小山力也ブログ]

(3)横山智佐結婚
 友人に教えてもらったのだけど、横山智佐が結婚したそうだ。おめでとうございます。
 僕は横山さんには、何度か取材でお会いした。考え方がしっかりしていて、とてもマジメで、なんだか応援したなくるような人だった。それから、彼女が主宰しているプロダクションの役者さんに取材した時に、アボ取りや原稿チェックの窓口を横山さん自身がやっていて、恐縮した覚えがある。彼女はマネージャーとしての対応も完璧だった。自分の仕事で言うと『ゲキガンガー3』があるな。横山さんはジュンペイをやっていたんだけど、「わかってらっしゃる」という感じの芝居だった。

お知らせ(*^o^*)[横山智佐ブログ]

 以下の2冊はスタジオ雄で作った本。

(4)『化物語』「つばさキャット 其ノ參」配信中?
 『化物語』の「つばさキャット 其ノ參」の配信が始まった模様。だけど、アクセスが集中し過ぎているのか再生できなかった(11月3日の昼)。夜にでもリトライしてみよう。どちらにしてもBlu-rayは買うつもりだけど。

『化物語』公式
化物語ブログ


2009/11/02

【雑談】いろいろ(『ベルサイユのばら』廉価版DVDBOXとか)

 今日は、午前中から中央線方面のアニメスタジオで打ち合わせだった。夜型の人が多い業界だから、僕の場合は、午前中からの打ち合わせなんて、年に数回あるかないかだ。これからデスクワーク。

(1)ベルサイユのばら MEMORIAL BOX
 先月末に「TMS DVD COLLECTION ベルサイユのばら MEMORIAL BOX」のサンプルをいただいた。前にDVD BOX、バラ売りDVDの解説書をやった関係で、このBOXの解説書もスタジオ雄が担当した。ただ、解説書と言っても、ペラ一枚の全4ページ。内容は、キャラ紹介と年表くらいのごく簡単なものだ。ボリュームのある解説書をお求めの方には、旧DVD BOXやバラ売りDVDをお勧めする。
 この「MEMORIAL BOX」の魅力はなんと言っても価格。全40話入っていて、この価格。驚くくらい安い。

(2)「アニメージュオリジナル」vol.5
 今日「アニメージュオリジナル」vol.5の見本誌が、事務所に届いた。金田さんの記事については、前に書いたからそれはおいておくとして。この本って、全体の半分くらいのページを1色にして、判型も半分くらいにして、各読み物のボリュームをアップさせて、分厚くした方がいいんじゃないかと思う。どうでしょうか、アニメージュさん?

(3)『マイマイ新子と千年の魔法』特集スタート
 今日から「WEBアニメスタイル」は『マイマイ新子と千年の魔法』特集がスタート。今日は作品紹介、それから【artwork】1回 イメージボード(1)。片渕須直監督の「β運動の岸辺で」も濃い。

2009/11/01

【雑談】いろいろ(『茄子 スーツケースの渡り鳥』とか)

 今日は日曜だけど、僕は昨日に続いて事務所でインタビューまとめ。ながらで『まる子』の録画を消化する予定。

(1)『おじゃる丸』は明後日から新作放映
 明日からかと思っていたら、明後日の火曜からだった。第12シリーズ後半の放映がスタート。

●『おじゃる丸』公式

(2)「人間失格 ディレクターズカット版
 昨夜の放映で『青い文学』の「人間失格」は完結。次回から荒木哲郎監督の「桜の森の満開の下」が始まる。「人間失格」はディレクターズカット版が12月に劇場公開されるそうだ。

●「人間失格 ディレクターズカット版」 劇場公開決定![公式]

(3)デザインが違うパーマン
 「藤子・F・不二雄大全集」は今のところ、全部買っている。ボリュームがありすぎて、全部を熟読はできない。ざっと目を通している感じ。「パーマン」3巻に噂にだけ聞いていた「マスクのデザインが違うパーマン」が掲載されていた。1980年代だったかな。同人誌でそういったものがあるという情報だけ得て、大袈裟でなく「それを読む事はないだろう」と思っていた。まさかこうしてちゃんとしたかたちで読めるとは。デザイン自体もかなりのインパクトだった。

(4)『茄子 スーツケースの渡り鳥』を観た
 土曜深夜にNHKハイビジョンで放映された『茄子 スーツケースの渡り鳥』を観た。楽しいアニメだった。もっと早く観ておけばよかった(昨日も書いたように、DVDは買ってあるのに観てなかった)。あの画風が、単純に吉田健一の意図なのかどうかが気になる。それから、今回の放映はやたらと画面がシャープで、その意味でも満足。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンクとプロフィール