« 季刊S (エス) 2010年 01月号 | トップページ | 湖川友謙オフィシャルブログ »

2009/12/14

この路線もありだと思う。Blu-ray1枚に7時間弱を収録

 VAPから2009年12月23日にリリースされるドラマ「傷だらけの天使」のBlu-rayは1枚のディスクに405分を収録。つまり、7時間弱で、正味45分のドラマを9話分収録しているわけだ。Amazonのデータを見ると、
 
…………
≪名作ドラマBDシリーズ≫
往年の名作ドラマがお安くコンパクトに!!
ナント1話(約45分)あたり1,000円!

※本シリーズは、膨大なデータ容量を備えたブルーレイ・ディスクの特性を生かして長時間収録しています。(DVDのマスターテープを使用してリマスタリングしています。)
…………

 とある。つまり、画質はDVDと同じだけれど、その代わりに1枚のディスクに沢山収録しているわけだ。こういうBlu-rayソフトは有りだと思う。これなら、ソフトの置き場所にも困らないし、ディスク交換の手間もはぶける。VAPの≪名作ドラマBDシリーズ≫は、他のドラマも同様の形式でリリースする模様。
 アニメの旧作も、こういった感じの収録があってもいいと思う。特に16ミリフィルムで制作したものは、画質の向上があまり期待できないわけだから、1枚あたりの話数を増やしてもいいんじゃないだろうか。実は、前に「画質は上がらなくていいから、ディスク一枚に1クールずつ入れてくださいよ」とメーカーの人にお願いした事があるのだけれど、一瞬で却下されてしまった。

« 季刊S (エス) 2010年 01月号 | トップページ | 湖川友謙オフィシャルブログ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンクとプロフィール