« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/30

「月刊アニメスタイル」編集スタッフ募集・締め切りました

 今回の募集は締め切らせていただきます。締め切りますが、また、募集する事もあるかもしれません。また、募集期間でないときでも、是非アニメスタイルで働いてみたいという方がいらしたら、メールをください。よろしくお願いします。

2011/08/29

「月刊アニメスタイル」編集スタッフ募集

 期間限定で「月刊アニメスタイル」のスタッフを募集します。とりあえず、9月から12月までの限定で、作業内容はメーカーさん、プロダクションとのやりとり、ページ構成、原稿など。他社の仕事をやりながらでもOKだし、朝から晩までアニメスタイル編集部にいる必要はないけれど、毎日、編集部に顔を出してほしいです。「小黒と一緒に仕事がしたい人」「アニメスタイルのノリが好きな人」大歓迎です。ギャラは高くないです。今回の募集は雑誌編集の経験者のみ(アニメ雑誌でなくてもいいです)。アニメに猛烈に詳しい必要はなく、むしろ、仕事が好きな人がよいです。興味がある方は info★styou.co.jp (★を@に変えて送信してください)までメールください。

 追記。メールの件名に【編集スタッフ希望】と入れておいてください。

 追記。今回の募集は締め切らせていただきます。締め切りますが、また、募集する事もあるかもしれません。また、募集期間でないときでも、是非アニメスタイルで働いてみたいという方がいらしたら、メールをください。よろしくお願いします。

2011/08/28

「新世紀GPX サイバーフォーミュラ」BD ALL ROUNDS COLLECTION ~TV Period~ [Blu-ray]

 「新世紀GPX サイバーフォーミュラ」BD ALL ROUNDS COLLECTION ~TV Period~ [Blu-ray]がAmazonで予約開始。ちなみに総集編の「サイバーフォーミュラ グラフィティ」は当時、僕が構成を担当させていただきました。


【ASイベント】「2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」を開催

 昨夜、オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 17 2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」を開催しました。
 来場された方々、協力してくださった方々、桜井さん、島さん、ありがとうございました。よいイベントになったと思います。久しぶりに『アキハバラ電脳組』について話ができて、楽しかったです。
 

2011/08/27

「2011年の『2011年の夏休み』」は今晩開催。それと『東のエデン』オールナイト情報解禁

 オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 17 2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」は今晩開催です。当日券もあるそうです。よろしくお願いします。

 それから、9月17日(土)のオールナイトを発表します。『東のエデン』TVシリーズ&劇場版一挙上映です。トークのゲストには神山健治監督を予定しています。前売り券は、今晩のオールナイト時から、新文芸坐さんで発売になるそうです。

2011/08/26

【月刊アニメスタイル】第2号の在庫が復活

 「月刊アニメスタイル」第2号の在庫がAmazonで復活しています(平成23年8月26日(金) 17時51分)。予約していない方は、今のうちにどうぞ。


【ASイベント】第64回アニメスタイルイベント「山内重保の世界 PART2(仮)」

 次回のアニメスタイルイベントは9月21日(水)に、「山内重保の世界 PART2(仮)」を予定しています。詳細はまた改めて。

⋯⋯⋯⋯
今後のアニメスタイルイベント予定

平成23年8月27日(土)
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 17
 2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」

平成23年9月17日(土)
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 18」
近々に発表

平成23年9月21日(水)
イベント「第64回アニメスタイルイベント 山内重保の世界 PART2(仮)」

平成23年9月24日(土)
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 19 ボンズ スペシャル 2011」

平成23年10月24日(月)
イベント「第65回アニメスタイルイベント」
⋯⋯⋯⋯
 よろしくお願いします。

2011/08/25

【月刊アニメスタイル】第5号「古今東西スゴイアニメ特集!!」予約受付中

 「月刊アニメスタイル」第5号がamazon.co.jp、アニメイト、ゲーマーズ、TSUTAYA(onlineショッピング、TSUTAYA BOOKS)で予約が始まりました。

 第5号は「古今東西スゴイアニメ特集!!」。『けいおん!』『少女革命ウテナ』『トップをねらえ!』など、新旧のスゴイアニメをどっさり取り上げます。アニメスタイルならではの切り口にご期待下さい。特別付録のねんどろいどぷちは『けいおん!』の山中さわ子です。


【ASEVENT】昨日の楽屋の写真

23824

 昨夜のイベント「『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」楽屋写真です。堺さんだけでなく、『ゲキガンガー3』の羽原信義さん、JCスタッフの松倉友二さんにも出演していただきました。もう一人はイベントに遊びにきてくれた佐藤裕紀さん(「月刊アニメスタイル」第2号の『ふしぎの海のナディア』特集が充実したものになったのは、佐藤さんの力が大きいです)。皆さん、ありがとうございました。

【月刊アニメスタイル】第2号発売開始&第5号予約開始

 本日、「月刊アニメスタイル」第2号が発売開始となります。それから、第5号の予約もスタートする予定です。
 
 東京と大阪のまんだらけさんでも、第2号が発売開始。まんだらけだけの特典もあり。アニメスタイル関連グッズもありますよ。詳しくはこちらを。

 よろしくお願いします!


【ASEVENT】「“あの頃”のアニメ」開催

 昨日は「『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」を開催しました。ご来場された方々、協力してくださった方々、ありがとうございました。自分でも話をすることで、“あの頃”のアニメについて考えがまとまってきました。明後日のオールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクション vol.17 2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」でも“あの頃”のアニメについてトークします。
 
 それから、『アドゥレセンス黙示録』&『2011年の夏休み』シール付きプレスシートを持っていったんですが、時間が押してしまって、お客さんにお見せする時間がありませんでした。オールナイトに持っていって、プレゼントに使いたいと思います。

2011/08/24

【ASEVENT】「“あの頃”のアニメ」を本日開催

 第63回アニメスタイルイベント「『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」は本日開催です。
 編集長のヒトコトにも書きましたが、ネットを見ると、過剰に期待されている方がいるようです(汗)。念のため言っておきますが、今回は地味なイベントですよ。よろしくお願いします。

2011/08/23

【ASEVENT】発掘品その3 「ロマンアラスジ 熱血ロボ ゲキガンガー3[改訂版]」

23823_4


 これも倉庫で発掘したものです。

 『ゲキガンガー3』のフィルムストーリー、設定資料、全話あらすじなどを収録した小冊子。後に「機動戦艦ナデシコ プレミアム・ボックス」の一冊として作った商業誌版とは別物で、放映中に関係者に『ゲキガンガー3』の内容を伝えるために、僕の事務所で作ったもの(編集は当時のスタッフが担当)。タイトルに[改訂版]とあるから、シリーズ終盤に作り直したものなんでしょうね。内輪用の資料にしてはかなりのボリューム。楽しんでやっていたんだなあ。

 表紙のタイトルロゴから『ゲキ・ガンガー3』の「・」を抜くギャグはここから(『超電磁ロボ コン・バトラーV』ロマンアルバムのパロディです)。

【ASEVENT】発掘品その2 『アドゥレセンス黙示録』&『2011年の夏休み』シール付きプレスシート

23823_3

 こちらは『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』のプレスシート。表面がシールになっています。

 『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』のプレスシートをウチワにしたので、翌年の『アドゥレセンス黙示録』と『2011年の夏休み』はシールにしたんでした。これは印刷した数は少なかったはず。自分で使うつもりで作ったのに、ほとんど使わなかったなあ。
 
 沢山残っていたので、明日のイベントに持っていきますね。
 

 


【ASEVENT】発掘品その1 劇『ナデ』チラシ置き場

23823_2

 事務所の倉庫から発掘しました。これは『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』公開時に、劇場に置かれていたもの。この上にチラシを載せて、配布していたはずです(僕は実際に使っているところは見ていないです)。

 『機動戦艦ナデシコ』関連物は、劇場公開後にXEBECとスターチャイルドに返却したんですが、これは大きすぎで返却できなかったんですよ。かといって捨てるのも勿体ないし、とっておいたんです。


2011/08/21

【ASEVENT】小黒の“あの頃”年表

 第63回アニメスタイルイベント「『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」の参考に、小黒の“あの頃”年表をつくってみた。
 自分の仕事歴を語るのが目的ではないのだけれど、仕事歴に重ねて話をするのが話しやすいかなあ、と思っている。

⋯⋯⋯⋯⋯⋯
1994年前後
 『少女革命ウテナ』の企画始まる(※実際にはその前年には「企画をやろう」という話は出ていた)。

1995年春
 色々あって⋯⋯、本当に色々あってから、大月さんに『ウテナ』の企画書を見てもらう。企画がGO。それと前後してNEWTYPEで『新世紀エヴァンゲリオン』の記事を担当。

1995年10月4日
 『新世紀エヴァンゲリオン』放映開始。それと前後して、同作のLDの構成・編集を担当する事に。

1995年秋
 『ウテナ』の制作がJCスタッフに決まる。ビーパパススタジオ始動。

1996年3月
 余談だが、ビーパパススタジオで、皆で『新世紀エヴァンゲリオン』第弐拾伍話「終わる世界」を鑑賞。盛り上がる。

1996年初夏
 會川さんに声をかけてもらって、『機動戦艦ナデシコ』に劇中劇(『ゲキガンガー3』)設定で参加する事になる。

1996年10月1日
 『機動戦艦ナデシコ』放映開始。 

1997年3月15日
 春『エヴァ』(EVANGELION DEATH AND REBIRTH)公開。パンフレット、プレスシート、新聞広告などを作成。

1997年4月2日
 『少女革命ウテナ』放映開始。広報窓口・商品化窓口を担当。

1997年7月19日
 「夏エヴァ」(THE END OF EVANGELION)公開。パンフレットなどを作成。

1997年夏
 『ウテナ』スタッフで泊まりがけで海水浴に。

1997年秋(夏かも)
 大月さんに声をかけてもらって、『アキハバラ電脳組』の企画に参加。企画書を作成する。

1998年1月1日
 余談だが、XEBECで劇場版のコンテ作業中だった佐藤竜雄監督のところに、陣中見舞いに行った。

1998年2月21日
 OVA『ゲキ・ガンガー3 熱血大決戦!!』リリース。脚本を担当。『ゲキガンガー3』ではCDのドラマ部分も担当。

1998年4月4日
 『アキハバラ電脳組』放映開始。 広報窓口を担当。1998年はまだ『エヴァ』LDが進行中だったので、『エヴァ』『ナデシコ』『ウテナ』『アキハバラ』の仕事を同時にやっていたはず。

1998年8月8日
 『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』公開。広報窓口・商品化窓口を担当(アニメサイドの小説の担当等も担当)。パンフレット、プレスシート、告知用フィルム等を作成。

1999年8月14日
 『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』公開。広報窓口を担当。パンフレット、プレスシート、告知用フィルム等を作成。

2011/08/20

「BONES SPECIAL 2011(仮)」前売り券の発売がスタート

 9月17日(土)のオールナイトは前売り券の発売も延期になりましたが、9月24日(土)の「BONES SPECIAL 2011(仮)」は今日から、新文芸坐で前売り券の発売がスタートしているそうです。

【月刊アニメスタイル】第2号の在庫が復活

 Amazonで「月刊アニメスタイル」第2号の在庫が復活しています(平成23年8月20日(土) 15:45現在)。予約されていない方は、今のうちにどうぞ。


2011/08/19

オールナイトとイベントの予定(修正版)

 昨夜、告知したオールナイトの予定だが、当面、9月17日(土)のオールナイトの告知をちょっと遅らせることになった。昨日告知した内容が変更になったわけではない。近々に改めて告知する。

⋯⋯⋯⋯⋯⋯
 今月から来月にかけてのアニメスタイルイベントを整理すると、以下のようになる。

平成23年8月24日(水)
「第63回アニメスタイルイベント 『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」

平成23年8月27日(土)
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクション vol.17 2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」

平成23年9月17日(土)
オールナイト(告知は近々に)

平成23年9月24日(土)
「BONES SPECIAL 2011(仮)」
 上映タイトルは『ストレンヂア ─無皇刃譚─』(2007) 、『COWBOY BEBOP 天国の扉』(2001) 、『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』。それともう1本を予定。

アニメスタイルマグカップ

 「アニメスタイルマグカップ」をまんだらけさんに作っていただきました。

 絵柄は2種類で、今石さんのアニメスタイルちゃんと、吉松君の「サムシング吉松の死んぢゃえばいいのに!」です。

 それぞれ限定200個。平成23年8月24日(水)の「第63回アニメスタイルイベント 『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」で先行販売します。

04

2011/08/18

【月刊アニメスタイル】第2号できました

20118182

 第2号できました。

2011/08/17

「第63回アニメスタイルイベント 『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」

 突然ですが、来週の水曜(8月24日(水))に「第63回アニメスタイルイベント 『機動戦艦ナデシコ』特集に向けて “あの頃”のアニメ」を開催します。

 「月刊アニメスタイル」第4号の『機動戦艦ナデシコ』特集を前にして、あの頃のアニメ(『新世紀エヴァンゲリオン』『機動戦艦ナデシコ』『少女革命ウテナ』『アキハバラ電脳組』)を、主に小黒の視点で振り返るイベントです。ビデオ上映はありません。トークのみ。ゲストとして『機動戦艦ナデシコ』『アキハバラ電脳組』に参加されていた堺三保さんに出演していただきます。他のゲストの出演もあるかもしれません(幾原さんや佐藤竜雄さんには声はかけていません。念のため)。

 決して派手なイベントではありません。時間も普段のアニメスタイルイベントよりも、やや短めになる予定です。

 なお、当日は「月刊アニメスタイル」第2号を先行発売する予定です。

ロフトプラスワン


「2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」で上映するタイトル

 こちらでも告知する。
 オールナイト「2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」で上映するタイトルは以下の通りだ。『アキハバラ』は桜井弘明監督関連作品(ビーパパススタジオ担当話数)を中心にしたセレクトだ。見応えのあるプログラムになるのではないかと思う。お楽しみに。

⋯⋯⋯⋯
TV『アキハバラ電脳組』
8話「五人目…」
16話「アニマ・ムンディ」
20話「羽ひらくとき」

劇場版『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』

TV『少女革命ウテナ』
7話「見果てぬ樹璃」
25話「ふたりの永遠黙示録」
26話「幹の巣箱(光さす庭・アレンジ)」

劇場版『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』
⋯⋯⋯⋯

2011年に『2011年の夏休み』のオールナイト! 『アキハバラ電脳組』&『少女革命ウテナ』

2011/08/16

オールナイト「2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」に島涼香さん

 オールナイト「2011年の『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』」ですが、もう1人のゲストが決まりました。花小金井ひばり役の島涼香さんに来ていただける事になりました。

2011年に『2011年の夏休み』のオールナイト! 『アキハバラ電脳組』&『少女革命ウテナ』

2011/08/15

『東のエデン』TV&劇場版一挙上映のオールナイトを企画中

 9月半ばにやる方向で進めています。詳細は近々に。

Twitterの@PH9(神山健治監督作品)

2011/08/12

【月刊アニメスタイル】第4号ダミー表紙

As04_dummy_s

 「月刊アニメスタイル」第4号のダミー表紙が出来上がりました。Amazonなどの告知で使用します。ダミー表紙で使ったイラストは、過去のパッケージ用イラストの再利用で(アニメスタイルうちわで使ったのと同じ画像です)、実際の第4号の表紙は、新しい描きおろしになる予定です。

「アニメージュ」2011年9月号(vol.399)。「この人に話を聞きたい」第百四十五回は山本幸治プロデューサー

20116212

 一昨日(平成23年8月10日(水))、新しいアニメージュが手元に届いた。2011年9月号(vol.399)で、アニメスタイル編集部がお手伝いしたのは「この人に話を聞きたい」のみ。「設定資料FILE」はお休みだった。
 
 「この人に話を聞きたい」第百四十五回で登場していただいたのは、ノイタミナの山本幸治プロデューサー。なかなか内容の濃い記事になったと思う。自分的には自信作だ。写真も面白い仕上がりだった。

2011/08/10

「月刊アニメスタイル」第2号の表紙デザイン

 「月刊アニメスタイル」第2号の表紙デザインを発表します。

2_2

 表紙で使っているイラストは描きおろしではありません。本田雄さんに、過去のイラストに改めてを加えてもらったものです。
 本田さんの描きおろしナディアは、ピンナップのかたちで、本誌内に収録しました。事前の告知と変わってしまった事をここに訂正し、お詫びと変えさせていただきます。

2011/08/09

【月刊アニメスタイル】第2号、第3号の在庫復活

 Amazonで「月刊アニメスタイル」第2号と第3号の在庫が復活しています。今(2011年8月9日22時14分)なら、定価で予約できますよ。

2011/08/08

『太陽の牙ダグラム DVD-BOX』リリース

 『太陽の牙ダグラム DVD-BOX』の廉価版がリリースされるそうだ。
 以下、メーカーからいただいたデータだ。
----------------------------------------------------
TV放映30周年を記念して、監督・神田武幸&高橋良輔×
制作・サンライズによる珠玉の大河ロボット叙事詩
「太陽の牙ダグラム」
TVシリーズがスペシャルプライスDVD-BOXで2011年12月22日より
3ヶ月連続リリースが決定致しました。

※1981 年~1983年TV放送

----------------------------------------------------

品姿:DVD
商品名:太陽の牙ダグラム DVD-BOX Ⅰ
発売日:2011年12月22日発売
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCBA-4243
POSコード:T-49-34569-64243-1
税込価格:\18,900
スペック:カラー/(予)615分/ドルビーデジタル(モノラル)/片面2層×5枚/スタンダード

-------------------------

品姿:DVD
商品名:太陽の牙ダグラム DVD-BOX Ⅱ
発売日:2012年1月27日発売
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCBA-4244
POSコード:T-49-34569-64244-8
税込価格:\18,900
スペック:カラー/(予)615分/ドルビーデジタル(モノラル)/片面2層×5枚/スタンダード
-------------------------

品姿:DVD
商品名:太陽の牙ダグラム DVD-BOX Ⅲ<最終巻>
発売日:2012年2月24日発売
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCBA-4245
POSコード:T-49-34569-64245-5
税込価格:\18,900
スペック:カラー/(予)615分/ドルビーデジタル(モノラル)/片面2層×5枚/スタンダード
----------------------------------------------------

『HUNTER×HUNTER』のキャラデザインは吉松さん

 『HUNTER×HUNTER』の新TVシリーズが発表になりましたね。キャラデザインは吉松さんですよ。


マッドハウス公式

【月刊アニメスタイル】アニメスタイル展2開催中

 秋葉原の「まんだらけ コンプレックス」で「アニメスタイル展2」が開催中だ。「月刊アニメスタイル」第2号の記事を先行して展示。本田雄さん、高村和宏さん、吉成曜さんの描きおろしも初お披露目になった。なお、展示中の「月刊アニメスタイル」第2号の表紙は制作途中のデザインで、完成版では文字色などが変わる予定。「月刊アニメスタイル」はまんだらけ コンプレックスでも、25日から販売される予定。

23871

23872

2387_3

2011/08/06

【月刊アニメスタイル】神山健治監督インタビュー

Img_0574

 昨日(平成23年8月5日(金))、神山健治監督への取材のために、Production I.Gに行ってきた。取材テーマは「神山監督は何を考えて、何を作るのか」。話の流れで『東のエデン』についても、色々とうかがった。面白い記事になると思う。「月刊アニメスタイル」第3号に掲載予定だ。

 ところで、神山さんにご自身の仕事についてうかがったのは、「この人に話を聞きたい」第55回(2003年5月号 VOL.299)以来のこと。うわっ、そんなに経つのか!

2011/08/05

ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】予約開始

 「ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】」がAmazonで予約開始です。


2011/08/04

【月刊アニメスタイル】BONES特集取材

 昨日(平成23年8月3日(水))はBONESで取材2本立てだった。いずれも「月刊アニメスタイル」第3号のためのインタビューだ。
 
Img_9782

1本めは南社長で、BONESの作品作りの考え方についてうかがった。南さんの取材は、特集全体をまとめる記事になる予定だ。

Img_9824

 2本目の取材は『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』の村田和也監督へのインタビュー。「月刊アニメスタイル」にしては珍しく、作品ができあがって、あまり間を置かないでの取材であり、そのせいか、勢いのあるインタビューになった。小西さん達の取材とあわせて読むと、話が立体的になり、より面白くなるのではないかと思う。

 ところで、南さん、村田監督、小西さん達が出演するトークイベント付きの上映会は明日開催だ。

トップをねらえ! Blu-ray Box Complete Edition

 『トップをねらえ!』が Blu-ray Boxになるそうだ。
 以下はメーカーさんからいただいたデータだ。

----------------------
庵野秀明監督(「新世紀エヴァンゲリオン」)の初監督作品。
強力スタッフ陣が集結した、ガイナックス制作の伝説のSFロボットアニメが
初収録の5.1ch音声+2chオリジナル音声を収録、リマスター原版を
使用した最高画質の映像で初ブルーレイ化。
「トップをねらえ! Blu-ray Box Complete Edition」
「トップをねらえ! Blu-ray Box」
として2012年2月24日にBlu-ray Disc2アイテムで発売決定致しました。
初回限定版の"Complete Edition"は新規映像特典他、過去関連
商品に収録された映像を完全網羅した究極のコンプリート仕様です。

<OVA発売時期:1988年7月~1989年7月 全3巻(6話)>

----------------------------------------------------

品姿:Blu-ray Disc
商品名:トップをねらえ! Blu-ray Box Complete Edition
    ※初回限定生産
発売日:2012年2月24日発売
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCXA-0423
POSコード:T-49-34569-35423-5
税込価格:\15,540
スペック:カラー(一部モノクロ)/(予)300分/(本編約170分+映像特典約130分)/
ドルビーTrueHD(5.1ch)・リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G×2枚+BD25G×1枚/
4:3<1080p High Definition>・一部4:3<1080i High Definition>・一部16:9<1080p High Definition>

--------------------------------

品姿:Blu-ray Disc
商品名:トップをねらえ! Blu-ray Box
発売日:2012年2月24日発売
発売元:バンダイビジュアル
販売元:バンダイビジュアル
品番:BCXA-0422
POSコード:T-49-34569-35422-8
税込価格:\13,440
スペック:カラー(一部モノクロ)/(予)185分/(本編約170分+映像特典約15分)/
ドルビーTrueHD(5.1ch)・リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G×1枚+BD25G×1枚/
4:3<1080p High Definition>・一部4:3<1080i High Definition>・一部16:9<1080p High Definition>

----------------------------------------------------


2011/08/03

【月刊アニメスタイル】『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』取材

Img_9723

 昨日は「月刊アニメスタイル」第3号取材のために、BONESに行ってきました。お話をうかがったのは『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』の小西賢一さん(キャラクターデザイン・総作画監督)、夏目真悟さん(演出)、押山清高さん(アニメーションディレクター)。面白い記事になると思います。お楽しみに。

2011/08/01

TOKYO MXで今日から旧『天才バカボン』がスタート

 地域限定の話題ですいません。どれくらい観られるか分からないけど、チェックするつもり。

『天才バカボン』(TOKYO MX)

 あ、宝島から出たDVD、買ったけど、まだ観ていなかった!

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンクとプロフィール