« 「吉松孝博VSサムシング吉松」当日券もあります | トップページ | 【月刊アニメスタイル】『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』取材 »

2011/10/26

「吉松孝博VSサムシング吉松」開催

 以下のテキストは「編集長のヒトコト」をアレンジしたものです。

⋯⋯⋯⋯
 一昨日、「第65回アニメスタイルイベント 吉松孝博VSサムシング吉松」を開催しました。吉松さんと椎名高志さんたちが作った自主制作アニメ「愛の自由落下」はフィルムが無事に届き、ちゃんと上映できました。僕も話は聞いていましたが、現物を観るのは、昨日が初めて。これが凄いできの作品でした。当時のことだから、セルとフィルムで作られた作品なんですが、仕上がりが非常に商業アニメ的なんです。あれを高校時代に作ったなんて、大したものですよ。それから、若き日の吉松君が「パースくん(金田モドキ)」だったことも、「愛の自由落下」を観て初めて知りました。イベント全体としては、吉松君らしい、ちょっとユルくて、楽しい感じのものになりました。協力してくださった皆さま、ありがとうございました。次回のアニメスタイルイベントは来年1月となります。

Img_6080_4

Img_6033_2

Img_6046_2

« 「吉松孝博VSサムシング吉松」当日券もあります | トップページ | 【月刊アニメスタイル】『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』取材 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンクとプロフィール